千葉県は、日中にカラオケ喫茶やスナックで歌う昼カラオケ(昼カラ)で、高齢者ら12人が変異ウイルスに感染したことがわかり、クラスターが起きたと2021年3月14日に発表しました。

この「昼カラ店」は松戸市の「カラオケスタジオ 都瑠」だそうです。

今回は、この昼カラクラスターを深掘りしていきたいと思います。

「昼カラ」とはどういう意味?

そもそも「昼カラ」という言葉自体あまり効き馴染みがないですが、日中にカラオケ喫茶やスナックで歌うことをいいます。

最近クラスターはカラオケ喫茶などでよく起こっているため、今は利用を控えた方が良さそうですね。

また、今回は変異株を原因とするクラスターということで、より一層の注意が必要です。

クラスターが起きた「カラオケスタジオ 都瑠」

千葉県によると、変異ウイルスへの感染が判明した17人のうち、12人は松戸市のカラオケ店「カラオケスタジオ 都留」の利用者。

ネットで検索しても詳細は出てきませんでした。